<   2017年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2月のおそとごはん@The Earl Grey Tea Rooms, York

超久々の、おそとごはんレポです063.gif




The Shambles(シャンブルズ通り)にある、

お気に入りのThe Earl Grey Tea Rooms

でランチしてきました♩



↓以前のblog記事


The Earl Grey Tea Rooms
住所:13-14 Shambles YO1 7LZ York
電話:01904 654353
Facebook
b0299665_04282510.jpg



ランチは、ジャケットポテト(jacket potato)
b0299665_04283555.jpg

デザートは、ブラックベリー&アップルケーキ with アイスクリーム♩
b0299665_04284643.jpg
どちらもボリューミーだったので、

ミスターに手伝って貰いました^^




Yorkでティールームと言えば、

2店舗あるBetty's Tea Roomが超有名ですが...

ブランド化し過ぎて観光客向けなので、

地元の人はあまり行かないですね〜。

一度行けば充分かな〜っと思います。

お値段的にも、The Earl Grey Tea Roomsの方が

お財布に優しいですし(笑)、オススメです049.gif



また、新たなお店も開拓したら、レポします〜027.gif




それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-28 18:16 | イギリス生活ー外食ー | Comments(0)

Jorvik Viking Festival 2017

この週末は、久々にお出掛け♩


毎年2月にyork市街で行われる、

ヴァイキングフェスタを観てきました!!




Jorvik Viking Festival


ヴァイキングコンテスト

誰が一番強いヴィキングかを競うコンテスト066.gif

爆笑満載で面白かったです003.gif
b0299665_23510689.jpg
b0299665_23511860.jpg



ヴァイキングパレード

ヴィキングコスプレの皆さん、とっても楽しんでました049.gif

ミスターも、「俺も出たい!!」っと羨ましがってました。

いつか参加しそう〜(笑)
b0299665_23513197.jpg
b0299665_23514374.jpg



ヴァイキングマーケット

北欧(デンマークやノルウェー)から、

ヴィキング伝統クラフトのお店が出展されるとあって、

マーケットのテントの外は、入場待ちで行列が出来ていました。

b0299665_23505360.jpg


ミスター曰く、Peony家の苗字から考察すると、

祖先は、ヴァイキングに由来する可能性があるそうです005.gif

歴史から考えると、有り得るな〜っと納得027.gif




今回は予約が遅れ、満席になってしまったのですが、

ミスターお気に入りの、The Merchant Adventurers' Hallでは、

ヴァイキング バンケット(ヴィキング伝統料理の宴会)

が行われていまして、超人気らしいです。


「いつか必ずチケットを取る〜!!066.gif」っと、

ミスター、リベンジを誓っていたので、

来年?再来年?いつかわかりませんが、

チケットが取れた暁には、

私もヴィキングコスプレをすることになりそうです(^^;)





それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-27 21:23 | イギリス生活ー観ー | Comments(0)

妊娠回想録☆両家家族に報告(妊娠4ヶ月)

妊娠初期の段階では、両家家族の中では、

女王様(姉)&若様(弟)にしか

妊娠報告をしていませんでした。


クリスマスには、ミスターの叔父宅でパーティーがあるし、

それまでには、ミスターの家族に伝えないと...

っということになり、1回目の超音波検査の2日後、

先ずは、ミスターの両親に報告をしました。



ただ、つわりが酷くて外出が難しかったため、

スカイプのビデオ通話で報告したんですけどね006.gif



「二人は、Grandparentsになるんだよ!」

っと伝えたら、とっても喜んでくれました!


特に、義母が大号泣でした〜057.gif

「実は、2、3日前に、もしかして牡丹は妊娠したかも?

っと、ふっと勘が過ぎってね...」っと005.gif

私もミスターも、ビックリ鳥肌!!005.gif

思わず、私も貰い泣きしてしまいました(°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥ )





そして、出生前検査の結果が出た翌日に、

ミスターが義妹の家を訪問し、直接報告。

義妹は、「Aunty Emって呼んでもらいたい〜016.gif

っと、大はしゃぎだったそう079.gif


ちなみに、Aunty Emとは...

オズの魔法使いの主人公ドロシーの叔母さんです^^




そして、大好きなグランマ(義母方)にも、

11月下旬の14週目にスカイプで報告しました。

グランマは80代ですが、タブレットを使いこなすんです!

なんてハイテクなおばあちゃん〜016.gif

「曽孫が出来るなんて〜!!すごい幸せ〜053.gif

っと、大喜びしてくれたので、とても嬉しかったです012.gif





それから、つわりの勢いが弱くなってきた、

12月上旬の15週目には、日本にいる仲良しの従姉に、

スカイプで報告をしました。


従姉とは、2ヶ月以上もビデオ通話を出来ずにいたので、

「もしかして、子宮筋腫が再発したのでは?」

っと、心配しているに違いない...008.gif

っと、私は思っていたのですが、

実は、従姉も義母と同じく、

「もしかして牡丹は妊娠した?かも?」

っと、思っていたそうで...005.gif

従姉も号泣して喜んでいました057.gif

なので、またまた貰い泣き...(°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥ )





あぁ、家族に祝福してもらえるコトほど、

嬉しく、幸せに感じるコトはないですね012.gif

天国のお母さんも、きっと、喜んでくれてるよね?016.gif




ただ...

じいじ(父)には、この時、報告しないでおきました。


なぜって...??

どんな行動をするのか、目に見えていたからです(笑)

翌日には、地元中に知れ渡ってしまうに違いない...030.gif084.gif

あぶない、あぶない〜042.gif



女王様(姉)&若様(弟)には、

「むしろ、産まれた後でいいんじゃない?」

っと言われましたが(笑)、

一応、一時帰国の時に報告することにしました。



もちろん、ミスターや義両親には、えー??005.gif

っと、ドン引きされましたが...(笑)





それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-26 20:21 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)

妊娠回想録☆インフルエンザ予防接種(15w2d)


「インフルエンザ予防接種を受診する様に027.gif」っと

言われていたのですが、

つわりで動けない日々が続いていたので、

出掛けるタイミングを逃していました。




ミスターが再度確認連絡をした時に、

「インフルエンザの予防接種はもう受けましたか?027.gif

っと聞かれた様で...042.gif



2回目のMidwife健診の前には接種した方がいいね042.gif

っということになり、村のGPに予約をして、

15週目にインフルエンザの予防接種を受けてきました。




妊娠中は体力が低下しやすく、

風邪などの感染症にかかりやすくなるそうです。

特に、妊娠初期はつわりで体力が低下し、

妊娠中期・妊娠後期は赤ちゃんに必要な

酸素量の増加などが理由で心肺機能が低下するため、

重症化しやすいとのこと。


母体がワクチンを接種すれば、

胎内でインフルエンザ抗体を受け取ることができ、

産後は、直接ワクチンを接種できる月齢になるまで保護されるそうです。



今回、ベテランな看護師さんが担当だったので、

何の痛みもなく、一瞬で終わりました066.gif


ただ、アラフォー人生初めての

インフルエンザワクチン接種だったので、

看護婦さんの助言通り、

ちょっとふらつき&熱っぽくなりまして...042.gif


帰宅後、横になって休んでいたのですが、

つわりがおさまっていないことも相まって、

夕食後、嘔吐の連続でした。


それから3日間位、嘔吐の嵐に襲われ、

寝たきり状態に陥りました。


こんな風になるのなら、

つわりが落ち着いてからの接種にすれば良かったな〜

っと、ちょっと後悔したのでした...002.gif




それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-25 18:10 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

妊娠回想録☆スクリーニング検査 その後(14w1d)

1回目の超音波検査から、約12日目。

出生前検査(スクリーニング検査)の結果が、

York Hospitalから郵送で届きました。


とても一人では読む勇気がなかったので、

ミスターが仕事から帰宅後、一緒に開封008.gif




結果は...

21トリソミーは、1/2200でした。

・21トリソミー(ダウン症候群)
体細胞の21番染色体が1本余分に存在し、
計3本(トリソミー症)となることで発症する、先天性疾患群



18トリソミー及び13トリソミーは、1/9100でした。

・18トリソミーエドワーズ症候群
18番染色体全長あるいは一部の重複に基づく先天異常症候群

・13トリソミーパトー症候群
常染色体の13番目が3本ある(トリソミー)ことに起因する遺伝子疾患




「確率が1/150以上の場合、

ハイリスクと判定されますが、

結果がローリスクなので、

確定検査(羊水検査)の提案はしません。

次回のMidwifeとの健診の際に、

この手紙をMidwifeに見せる様に。」

っと、医師の署名付きで記載されていました。




以上の結果を受けて、ミスターと相談し、

これ以上の検査は求めないことにしました。




晩婚化→高齢妊娠が進む先進国では、

出生前検査については、賛否両論があります。


検査を受ける際に大切なことは、

検査結果が仮に高リスクだった場合にどうするか、

もう一段階進んで、羊水検査を受けるのかどうか、

そして、羊水検査を受けた場合に、

結果をどう受け止めるのか...

夫婦でしっかり話し合っておくことが、

何よりも大切だと思います。





それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-24 17:23 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)

妊娠回想録☆低用量アスピリン服用開始(13w1d)

超音波検査の日から3日後、自宅に電話が...

「あ〜、嫌な予感がする〜008.gif

っと、電話に出てみると...

声の主は、担当のMidwife(助産師)さんでした。



どうやら用件は、スクリーニングテストの結果報告ではなく、

「高血圧予防のため、アスピリンを服用する様に...027.gif

っという、助言の電話っぽく...!?


ただ、私の英語力は、日常会話程度。

会って直接話す場合は、例え発音や文法が間違っても、

言い直したり、最悪、紙に書いたり、

ジェスチャーなどでカバー出来るのですが、

電話となると、「聴く」と「話す」のみなので、

途端に、ハードルが高くなります。



「夫から電話させますので、夫に改めて説明してください」っと、

電話を切り、ミスターにMidwifeと連絡を取る様にお願いしました。




そして夕方、ミスターがアスピリンを購入して帰宅しました。

私のリスニングは間違っていなかった様です(笑)


やはり、ミスターへの説明も同様で、

「40歳以上の高齢妊娠の方は、

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になる確率が高いそうで、

予防のため、75mgのアスピリンを1日1錠、

出産まで服用する様に...」っと言われたとのこと。

うーん、わからんでもないけどさ〜!!013.gif

私は、基本、低血圧気味で逆に心配な位なんだけどなぁ〜!!

それに、そもそも、検査もせずに薬を服用するなんて〜

なんか、納得がいきません085.gif



「Midwifeさんの言うことを聞いて、服用して」

っと、ミスターに言われましたが、

「とりあえず、調べて納得がいくまで待ってて欲しい」

っと、その日は服用せず、

つわりでPCを立ち上げない日が続いていましたが、

その日の夜から、2日間、ひたすら検索しまくりました...


どうやら、低用量アスピリンは、

妊娠高血圧症症候群だけでなく、

抗リン脂質抗体症候群による不育症、

血栓・流産予防薬􏹐􏲻􏸐􏹑􏹒􏹐としても、

世界で安全性・有用性が証明されて使われている様です。 􏰰􏹹􏹐􏲻

在英日本人で、予定日が私より1ヶ月程早い方のブログも発見↓




そんなこんなで、色々検索してみて、

検査もせずに...っていうのは腑に落ちないところだけど、

それなりに(笑)納得がいったので、

Midwifeさんからの助言の2日後(13w1d)から、

75mgのアスピリンを1日1錠、

夕食後に服用し始めました。
b0299665_21272715.jpg

アスピリン服用の効果かどうかはわかりませんが、

一応、順調に26週の現在まで妊娠継続出来ています。



アスピリンによって血流をあげて、

お腹の子に栄養分がたくさん行き届きます様に〜!!




それでは、また〜078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-23 23:14 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)

妊娠回想録☆超音波検査1回目(11w6d→12w3d)

つわりの勢いが増している最中、

ようやく、待ちに待った、

初めてのUltra Sound Scan(超音波検査)の日が!!



予約日と検査の詳細が記載された手紙を

事前に受け取っていまして、

11週6日目の、2016年11月11日に、

ミスター付き添いのもと、

York Teaching Hospitalにて検査を受診しました。



持参した妊娠記録と、採尿容器を受付に渡し、待合室へ。

待合室には、他のカップルが3組程待っていました。

予約時間より早めの到着だったので、

20分程待った後、検査室へ呼ばれました。



日本だと、妊婦健診での超音波検査は、

婦人科医が行うのが常だと思いますが、

York Hospitalでは、産科専門の検査技師さんが担当し、

医師に会うことは一切ありません。



担当して頂いた検査技師さんは、

かなりベテランな感じの女性でした。

初めに今回の検査について説明を受けました。


スクリーニングテストを受けたいのであれば、

今回のスキャンの後半で検査をし、

その後、血液検査(血清マーカー)があるので、

採血セクションに移動し、採血をしたら本日の検査は終了...とのこと。



採血した検体は、ラボ(laboratory)に送られ、

何らかのリスクが高い場合は、3日以内に電話で、

もしリスクが低い場合は、約10日後に手紙が届くとのことでした。




初回のMidwifeとの妊婦健診以降、ミスターと相談し、

スクリーニングテストを受けることに決めていたので、

その旨を伝えると、早速、診察台へ。



温かいゼリー状の液体がお腹に走り、

とうとう、お腹の子と初対面!?


画面には、豆人間の様な物体(笑)が写っていました005.gif


そして、「とても元気ね!順調よ〜049.gif

っと、技師さんに言われた瞬間、


「ちゃんと生きてたんだ、良かった〜!!」

っと、安心と感動で胸がいっぱいになり、

涙がとめどなく溢れてきました(°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥ )



技師さんは、色んな数値を測っていて、

逐一、説明をしてくださいましたが、

画像を見るだけで精一杯の私。

ミスターが色々と聞いてくれていたので、お任せしました。


唯一聞き取れたのは、豆人間(笑)の成長具合から、

現在の妊娠週数は、12w3dで、

出産予定日は、2017年5月23日と言われたことでした。

NHSでは、これからこの修正された妊娠週数を元に、

ケアしていくとのことです。



そして、NTスクリーニングが始まりました。

NTスクリーニング(Nuchal Translucency Screening)
→後頸部浮腫検査。胎児の首の後ろの皮膚の厚さを測定し、
その厚みによって、ダウン症等の染色体異常がないかどうか調べる検査


私の場合、NT=1.4mmでした。

技師さんに、

「絶対とは言えないけど、私は問題ないと思うわ。

あとは、血液検査次第ね006.gif

っと言われました。



そして、検査が終わり、再び、待合室へ。

プリントしたエコー画像を待っている間、

体重測定に呼ばれました。

もちろん今回も、土足のまま体重計に乗りました(笑)



体重測定の後、4枚組のエコー画像写真を頂きました。

ちなみに、写真代は£5でした。



次は、病院内を移動し、採血セクションへ。

今回は、採血専門の看護士さんに採血してもらったので、

痛みも全くなく、あっという間に採血が終わり、

今回の検査は終了〜042.gif



ミスターも私も、緊張&不安で一杯だったので、

帰宅後、疲れがドッと出て、

速攻で爆睡してしまいました。Zzz...



それから、両家家族の中で、

未だ女王様(私の姉)にしか

妊娠報告をしていない状況だったので、

そろそろ、ミスターの両親に妊娠報告をしよう!

っと決めました。


お義父さん&お義母さん、びっくりするかな〜??

喜んでくれると良いな〜012.gif




次回に、続く〜!!078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-22 18:36 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

妊娠回想録☆英語版マタニティブックを購入(妊娠初期)

妊娠初期の段階で、女王様(姉)以外では唯一、

学生時代の友人ライチちゃんには、妊娠報告をしていました。


彼女は、今年娘ちゃんが3歳になる先輩ママでもあるので、

最近の妊娠出産・子育て事情に詳しく、

色々と相談に乗って貰い、心強い存在です。



そんな彼女からオススメされた本が、

「お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
はじめての妊娠・出産 安心マタニティブック」
内容は、妊娠した日から出産日まで、

毎日の胎児の成長と母胎の変化、

栄養アドバイス等を一日単位で詳しく解説しています。


ネット検索すると、かなり人気のマタニティ本らしく、

レビューがいっぱいみつかりました。



著書は、A.Christine Harrisというアメリカの方だったので、

Amazon.UKで検索してみると、

原版の「The Pregnancy Journal」を発見!
ミスターに相談してみたら、

「日本語版を取り寄せて牡丹だけ読むより、

英語版を一緒に読もう!」っと言ってくれ、

12週目位にAmazon.UKでGETしました。
b0299665_18074592.jpg


この本をGETして良かったことは、

日単位でアドバイスが書いてあるだけでなく、

日付を書き込む箇所があるので、

空欄に自分で色々とメモれば、

マタニティ日記として代用することができる点です。


書き込みスペースが結構あるので、

エコー写真をスキャンしてプリントアウトし、

この本に貼り付けています。



初マタニティで「008.gif?」ばかりの私達なので、

ミスターと一緒に読める英語版、

GETして本当に良かったです。


ライチちゃん、紹介してくれてありがとう016.gif




それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-21 18:11 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)

妊娠回想録☆つわり地獄(妊娠初期)

妊娠がわかり、GPへ報告した5週目から、

めまい/吐き気/頭痛といった、

つわりの症状が出始めました。



それでも、最初は、特に好き嫌いもなく、

何でも口に出来ていたのですが、

だんだんと、NGなモノが出始め、匂いにも敏感になり、

7週目辺りから、空腹時に気持ちが悪くなる、

「食べづわり」の症状が出てきました。



そして、日に日に症状は悪くなり、

8週目には、嘔吐を伴う食べつわりに変化していき、

ミスターの体臭までクンクン臭う様に...(笑)

四六時中、気持ち悪さに襲われる様になり、

寝たきり状態に陥っていきました。



つわりのピークは、一般的に、8〜10週頃だそうで、

11週目以降は、段々と弱まり、

15〜16週目にはおさまってくると言われています。


私の場合は、11週目以降も、

全く弱まる気配はありませんでしたが、

12月中旬の16週目に入って、

ようやくつわりが弱まりました。




そんな、約3ヶ月間のつわり地獄の期間、

具体的に、NGだったモノ、OKだったモノを、

幾つかご紹介します。


特にNGだったモノ
  • 水、ノンカフェイン飲料(7週目〜15週目)
  • 肉料理
  • ご飯の炊ける匂いや、料理中のスチーム
→故に、和食が一切ダメに(8週目〜)


OKだったモノ
食べ物
  • 果物全般
  • パスタ
  • パン
  • お好み焼き
  • フレンチポテトフライ
  • ポテトチップス
  • McVitie's(マクビティー)のビスケット
  • トマト/トマトベースの料理
  • 梅干し

飲み物
  • カナダドライのジンジャーエール(他の銘柄はNG)
  • デルモンテのトマトジュース(他の銘柄はNG)



こうして振り返ってみると、

私は、果物と炭水化物で生き延びていた様ですσ( ̄∇ ̄;)

すぐにお腹が空くが、食べると気持ちが悪くなる...

あぁ、地獄の日々でした(´Д`|||)



特に、12週目の超音波検査を受けるまで、

私の体の状態はいいのか?悪いのか?

お腹の子はどうなっているのか?

全くわからない状態で、

ただただ、つわりに耐えるだけの日々...(´Д`|||)



それに、妊娠したことを、両家家族の中で、

女王様(姉)にしか伝えていない時期だったので、

連絡したくても、日本との時差もあるし、

寝たきりでPCを立ち上げる元気もなく...

気軽に相談出来る環境が整っていない状況は、

精神的にかなり追い込まれました。


私自身も大変でしたが、

こんな妻に付き合ったミスターも、

きっと大変だったに違いありません042.gif



ただ、妊娠悪阻で入院してしまう方もいらっしゃる中、

私のつわりはマシな方だったと思います。

それに、私は専業主婦なので、

仕事を持つ方に比べたら、

社会生活へのストレスはかなり少ない訳で...



妊娠初期はまだ胎盤が未成熟なため、

いつ流産してもおかしくない不安定な状態が続きます。

つわりが起これば、体を休めるしか術がないので、

つわりはお腹の子からの「私の成長を守ってね053.gif

というサインでもあり、母になるための最初の試練なんだ066.gif

っと、自分に言い聞かせ、とにかく耐える3ヶ月間でした。




次回へ続く〜!!078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-20 18:35 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

妊娠回想録☆Midwife(助産師)による妊婦健診(6w2d)


ミスター付き添いで、村からバスで20分程離れた、

村のクリニックと同系列のクリニックへ行き、

Midwife(ミッドワイフ=助産師)による健診を受診しました。



担当のMidwifeさんは、明るくてブロンド美人な方。

最初に、「体調はどう?Morning sickness(つわり)は始まった?」

っと聞かれました。

実は、GPでの診察日ぐらいから、だんだんと、

めまいや吐き気など、つわりっぽい症状が出始めていました。


「人によってつわりの症状は様々なので、

水分補給をこまめに、無理せずに過ごしてください。

出血や痛みなど、緊急なことがあれば、すぐに私やGP、

場合によっては、救急へ連絡するように」

っと、お姉さんみたいに頼れる感じだったので、

私もミスターも話しやすく、緊張感はすぐに溶けていきました。

これから、ずっと彼女が私の健診担当になるそうです。




次に、妊娠記録についての説明を受けました。

「これから出産までの記録は、

全てこのファイルに記載していきます。

健診のたびに持参してきてくださいね」

っと、見せられたのが...

↓A4サイズの緑色のPregnancy Notes(妊娠手帳)
b0299665_21184255.jpg
日本の母子手帳とは違って、妊娠記録だけ記載されます。




そして、妊娠手帳の項目ごとに、早速、問診が始まりました。

先ずは、血圧測定。

私は、低血圧気味ですが、特に問題なく。



次に、身長&体重測定。

コートを羽織ったまま、ブーツを履いたままで計測されそうになり、

「コートとブーツを脱がせてください」

っとお願いしましたが、コートは脱がせてもらえたものの、

ブーツは履いたままで計測(笑)

案の定、体重は普段よりプラス2kgで、

ぺたんこブーツでしたが、身長もプラス1cmで計測されました(笑)




続いて、問診へ。

内容は、本人や家族の既往症や喫煙や飲酒の有無、

生活習慣等の身体的なこと以外に、

社会的、精神的...っと、かなり広範囲に質問を受けました。

具体的には、国籍・宗教・英語の理解力や、

妊娠出産について家族のサポートはあるか?

っといった質問があり、

多くの人種が居住しているエゲレスならではだなぁ

っと思いました。




その後は、採血。

血液型・貧血・風疹抗体・梅毒・B型肝炎・HIVなど...

検体はラボ(Laboratory)へ検査に回すということで、

記憶が曖昧ですが、4本は採られたと思います。


ただ、今までの採血人生(?)の中で、最強に下手な採血で...( ̄∇ ̄;)

片腕では採りきれず、両腕が犠牲になったのですが、

痛いのなんのって!

後日、青アザばっちりで、3日程痛みが続きました(+д+)




続いては、尿検査。

「トイレで尿を採ってきてください」

っと、渡された容器が、紙コップタイプでなく...


ちっさ!!(゜∀゜;)!!
b0299665_21185778.jpg
比較対象のため、一般的な使い捨てコップを横に並べました



こんなんで上手く採れるハズもなく...

案の定、失敗しまくり...( ̄∇ ̄;)

女41歳、トイレで一人、アワアワしました...Σ(゚∀゚;ノ)ノキャー



それなのに、トイレから戻って、Midwifeさんに容器を渡すと、

ちょろっと、何かチェックしてる感じでしたが、

何の検査をしたのか、ただ「問題ないわ」

っとだけの説明で終わりました〜(笑)

おそらく、蛋白と糖を調べただけだと思いますが...



しかも...

「これから健診の度に、採尿して持参してきてください」

っと、渡した容器をそのまま返されました。

そう、採った尿が入ったままの状態で...( ̄∇ ̄;)


まさか、自分の尿をお持ち帰りする日が来ようとは、

夢にも思いませんでした...( ̄∇ ̄;)





そんなこんなで、問診が全て終わると、

A4サイズ程のジップロック式のファイルを渡されました。
b0299665_21190896.jpg
中には、スクリーニング検査の冊子や、

ベビーグッズバウチャーなどが入っていました。




それから、妊娠中~産後1年の薬代が無料になるという、

Maternity Exemptionの申請書類についての説明を受けました。


書類に、住所などの詳細情報を記入して送ると、

Maternity Exemption Certificate Cardが送られてきて、

薬局で処方箋と一緒にカードを掲示すれば、

お薬代が無料になるそうです。


↓後日、書類を郵送で申請し、カードが届きました
b0299665_17505279.jpg



続いて、スクリーニング検査についての説明を受けました。

12週目で受ける最初の超音波検査の時に、

希望をすれば、エコーでのNT検査や採血をして、

ダウン症や染色体異常の検査を受けられるとのこと。

これは、日本でいうことの出生前診断の様な感じだと思います。


Midwifeさん曰く、強制ではないけれど、

私の場合、41歳高齢初産ということもあり、

出来れば受けた方がいいと思う。っとアドバイスされました。


「それでは、超音波検査予約をしておきます。

後日、York hospitalから予約日のお知らせが届きますので、

超音波検査当日までに、冊子をよく読んで、

二人でよ〜く相談して決める様にね!!」

っと言われました。




そして、妊娠中の栄養についての説明へ。

先ずは、葉酸を摂取すること。

あと、エゲレスは土地柄、日照状況が悪いので、

ビタミンDも摂取する様に言われました。


念のため、妊活中から摂取しているViridianのサプリを持参してきたので、

それを見せると、「パーフェクト!準備がいいわね049.gif」っと(笑)

それから、妊娠中に控えるべき飲食物の説明、

インフルエンザの予防接種を村のGPで受診する様に...

との説明を受けました。




最後に、次回の妊婦健診の予約日を決めて、

初回の健診は終了しました。

診察時間は、大体1時間半ぐらいだったと思います。

医療用語が多かったので、電子辞書を持参しましたが、

載っていない単語もあったので、

ミスターに付き添ってもらって良かったです。




次回の健診は、12週の超音波検査。

それまでは、緊急なことが起きない限り、

特に健診もなく、6週間も自分の体と向き合うだけなんて...

不安過ぎです...(つД`)N先生、助けて〜!!



そして、その不安を煽るかの様に、

つわりの大波が押し寄せてきたのでした...




次回につづく〜!!078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-02-19 21:43 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)


2015年3月よりイギリス田舎暮らしスタート☆家族・友人への生存報告ブログ 


by mrspeony

プロフィールを見る

About this blog

生粋の静岡県民
Mrs Peonyこと,牡丹です

2015年3月より
イングランド北東部の古都、
York郊外で
財布の紐が固過ぎな
200%エゲレス人夫と
田舎暮らしをしています

〜家族構成〜
夫:Mr Peony(ミスター)
妻:牡丹
息子:Peony Jr.(ジュニア)
2017年5月17日誕生
妊活ヒストリー
Yorkでの妊娠→出産

〜Peony家の年表〜
出会い→UK移住→現在

****************
2013年9月〜公開の当ブログですが、イギリス移住に伴い、実家暮らしの様子や過去のハンドメイド作品については、内容を訂正し、一部公開中
****************
〜公開カテゴリ〜
ご挨拶&お知らせ

牡丹家のコト
 ├移住前・実家暮らしの徒然
 ├一時帰国 2015年8月
 ├一時帰国 2016年2~6月
 ├一時帰国 2017年

Peony家のコト

UK配偶者ビザ申請2014
イギリス移住準備
 ├日本→UKへの日本車輸送
 ├ Peony家 in Oct 2013
 ├ Peony家 in June 2014
UK配偶者ビザ更新2017

イギリス移住生活
 ├ 衣(和コーデ)
 ├ 食(うちめし)
  ├そとめし
  ├そと呑み
  ├甘&茶
 ├
 ├ 美・医
 ├ 妊・産
 ├ 子育
 ├
 ├
 ├


* UK移住前の作品
 ├Cartonnage(カルトナージュ)
 ├アイロン台の張り替え
 ├Upholstery(アップホルスタリー)
 ├ベッドフレームの張り替え
 ├Floral Arrangements
 ├Basketry(蔓編み)
 ├Stained Glass(ステンドグラス)
 ├Chalk Art(チョークアート)
 ├Bingata dyed(紅型染)
 ├Other Handmade
 ├テーブルリメイク
 ├カラボリメイク
 ├イベント出展

****************


タグ

(95)
(78)
(62)
(35)
(32)
(31)
(26)
(23)
(23)
(22)
(19)
(18)
(11)
(8)
(8)
(7)
(5)
(4)
(3)
(2)

最新の記事

祝☆生後6ヶ月
at 2017-11-18 09:19
初めて利用したSAL便到着
at 2017-11-03 06:25
バターナッツスクォッシュでベ..
at 2017-11-01 06:19
イギリス配偶者ビザ更新201..
at 2017-10-24 04:03
祝☆生後5ヶ月
at 2017-10-19 19:01
裏庭で収穫したクッキングアッ..
at 2017-10-07 04:58
イギリス配偶者ビザ更新201..
at 2017-10-05 07:32
イギリス配偶者ビザ更新201..
at 2017-09-27 06:54
大豆粉をお菓子作りに
at 2017-09-26 07:05
生後16週目の乳児予防接種
at 2017-09-24 18:48

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

弥生、スコットランドはエ...
イギリスの食、イギリスの...
Living room ...
「英国と暮らす」 fro...
ハギスはお好き?
T-pianoscape...
英国サンクチュアリー
プレママ&プレパパ日記
Ninukitchen便り
Geluk(フルック)
ナースなロンドン ~Nu...
出産~育児奮闘記 in ...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
イギリス ウェールズの自...
イギリスのLife Ac...
Galettes and...
目白・デコラシオン・ド・...
おいしい*たのしいロンドン生活
マンマミーア!@バーミンガム
ロンドン三人暮らし
ロンドンのティータイム
ロンドン弁当
晴れときどき菜園 -イギ...
かご編み日和:都会生活と...
Lina と いっしょに...
ロンドンで作る美味しいご...
イギリス子育て日記
イギリス 西ウェールズの...
Chakomonkey ...
山麓風景と編み物    
London Scene
国際結婚は勧めないっ!!!
イギリスのマダム??
おいしいは嬉しい
micca's Room
着物、ときどきチロ美&チ...
Photos from ...
働くママのカルトナージュ時間 
ソウル滞在記
chocottoのきもち
キモノとリメイク
ロンドンの小さな台所。
M's cafeのじかん...
イギリスからおもてなし ...
ロンドンの食卓
着物が好きになりました。
イギリスに住んでるおばは...
息子とカメラとどこ行こう!

外部リンク

ブログジャンル

海外生活
子育て

UK在住ブロガー様Link

An odd fish and me
みざる いわざる きかざる
Chuckom Blog
日本岐阜発、英国ヨークシャー行き
It's a cupcake not a toadstool !
イギリス生活ビュッフェ

静岡 Link

M's Cafe FB
B-Marketと楽しい生活
Skywalker Bakery&Cafe
整理収納 源馬先生

My Teachers Link

〜Cartonnage〜
Atelier Akico
Atelier Living Room Cafe
Atelier Plage
Atelier Primo

〜茶箱リメイク〜
Décoration de Fleur

〜Chalk Art〜
Monique Cannon
Lisa Pollock

〜Stained Glass〜
ステンドグラス工房TOM CAT

〜Vine Crafts(蔓編み)〜
BABA.mama

〜Sewing〜
あとりえ tete

〜Floral Arrangements〜
オ-トクチュ-ルメティエ-ル協会
Artbriller
Décoration de Fleur
お稽古花サロンVerde
baby leaf

〜紅型染〜
コジーサ