カテゴリ:イギリス生活ー妊娠&出産ー( 58 )

産後入院回想録☆スパルタ産後ケア(2日目)

出産オペ後に受けた、York Hospitalでの

産後ケア回想録の続きをUPします〜!



一夜明け、腹が減っては戦にならずなので、

朝食を配膳室へ取りに...

帝王切開だっつーのに、配膳なんてしてはくれない、

スパルタ満載な産後ケアっぷりなのであります119.png



超絶ロースピードで、配膳室まで取りに行くと、

トースト&バナナという、骨折れ損のくたびれ儲け的な、

がっかりメニューだったのでした...153.png

b0299665_07311807.jpg


朝食の後は、またまた熱〜い授乳指導が始まり103.png

私とジュニアの体調チェックも受けました。


特にジュニアの体調チェックは念入りで、

小児科ドクターによる聴覚テストや、

体全体のチェックが入りました165.png


でも、引っ切り無しでなんだか慌ただしく、

ジュニアのお世話が落ち着いて出来ないので、

1日目よりも、家に帰りたい気持ちが

一層、強くなっていきました119.png



そして、産科ドクターの回診があり、

「術後の経過も順調だし、ジュニアのチェックアップの結果、

何も問題なければ、今日中に退院出来るけど、どう?」

っと、聞かれた時には、

「可能なら、今日中に帰りたいです!!」

っと、答えている(言わされている)私がいました103.pngありえね〜



ミスターが面会にきたお昼頃には、

術後の痛みと授乳指導のプレッシャーで、

疲れがピークに達していたので、

「一刻も早く退院した〜い」っと、訴えていました145.png

痛いなら、もっと病院で療養してから退院なんですけどね105.png




昼食後、ミスターが、Midwifeさんに確認してみると、

私もジュニアも産後の経過が良かったので、

今日中に退院出来るとのこと164.png


「事務処理が終わったら順次呼ぶので、

それまでは部屋で待機しつつ、授乳指導を受ける様に...」

っと、言われたそうで、

ジュニアのお世話をしつつ、ベッドで待機することに。



そう指示されたのが午後3時頃だったのですが、

そこから、何故かわからぬ長い待機時間がありまして...119.png

実際に退院できたのが、午後8時過ぎでした149.png



その間も、授乳指導はもちろんありましたし103.png

1日目にも受けていた、

血栓予防のための自己注射の再指導を受けたり、

夕食時間がきたので、美味しくはないけれど、

しっかりと夕食を頂いたりしていました105.png
b0299665_20420521.jpg
*全部で10日間(退院後8日間)自己注射をしました




そして、午後7時半頃になり、ようやく...

「退院できるわよ〜109.png

っと、Midwifeさんがやってきて、

退院後の自宅ケアについての説明等を受け、

ジュニアのチャイルドケアの記録簿、

通称RED BOOKを受け取りました。

日本でいう、母子手帳の子供の記録部分にあたります
b0299665_18472035.jpg

そして、義両親が車でお迎えに来てくれて、

ようやく退院したのでした〜103.png嬉しいんだか何だか〜



帰宅途中、道の段差の都度、お腹に激痛がっ!

痛みに耐えられず、「うお〜!!143.png」っと、

何度も叫んでしまったので、心配した義母が、

「私の時代は、産後10日位は入院していたのに...

今のNHSの産後ケアはシビア過ぎるわっ!!」

っと、今のエゲレス政府に怒り心頭〜136.png136.png136.png



エゲレスも、昔は、日本の様な産後ケアだったとは〜150.png

義母曰く、現在のスパルタ産後ケアは、

恐らく、NHSの財政事情がそうさせたのだろうっとのこと。

義母の意見は、一理あるなあっと思いました119.png



そんなこんなで、痛々しくて慌ただしかった、

1泊2日の出産入院でしたが、

そのおかげで(?)、産後5日目で台所に立っていた、

タフさが身に付いた私がいましたので、

NHS出産は、まんざら悪くもないのかなあ、なんて...

感覚が麻痺しちゃいましたかね〜105.png



次回は、退院後に受けた、

NHSの自宅ケアについてレポしますね!



それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-06-21 20:09 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

産後入院回想録☆スパルタ産後ケア(1日目)

またまた、更新に時間が掛かってしまいましたが、

出産オペ後に受けた、York Hospitalでの

産後ケアの回想録をUPします〜!



オペ後、産後病棟の大部屋に移動してくると、

産後ナチュラルハイな私&ミスターにお構いなく、

Midwifeさんやらナースさん達が代わり番こにやってきて、

私の血圧測定をはじめ、

無いだろうと思っていた悪露のチェックや、尿管チェック、

その他、色々と私の体のチェックが入りました。



私の産後の体調に問題がないことが確認されると、

早速、Skin to Skin(肌と肌の触れ合い)をし、

おむつ替え&授乳の指導を受けました。



York Hospitalは、母乳育児指導への熱意が凄くて、

支え方や、おっぱいのくわえさせ方など、

授乳の都度にナースコールをして、

Midwifeさんに細かくチェックを受けなければならず、

少しでも違うと、何度も写真付き冊子や、

おっぱいのソフトトイを使った指導を受け、

合格をもらわないと退院できない位の勢いで、

めちゃくちゃプレッシャーでした144.png



それに、麻酔が切れるまでは、ミスターがおむつ替えや、

私の身の回りのお世話をしてくれたし、

夕方、義両親&義妹が面会に来てくれて、

沢山の手があったので、楽させてもらえたのですが、

麻酔が切れてきた夕方からが悪夢でした149.png



まず、処方された痛み止めが、

効き目が微妙な内服薬のみという、

妊娠出産は病気じゃないから、

自然治癒力を優先しての処方(?)かわかりませんが、

もうちょっと効き目のある薬はないのか?で一杯でしたが、

これしか処方されないので、我慢するしかなく...103.png
b0299665_21551884.jpg


更に、20時の面会時間が終了し、ミスター&義両親が帰宅後は、

痛みに耐えながら一人でジュニアのお世話をしなければならず、

そんな中、Midwifeさん達の容赦ない授乳指導は、

精神的にしんどく、頭が朦朧としてしまい、

深夜〜明け方の記憶があまり残っていません103.png



唯一、はっきり覚えているのは、

夕食後に、悪露&尿の量チェックのため、

「24時までに200ml以上の尿を出すように」

っと、大きな容器を渡されて、

これでもか〜っと水を飲んだのに、全く尿意がなく、

結局、時間ギリギリの24時にMidwifeさんに

無理やりトイレまで痛みを堪えて歩かされ、

どうにか用を足し、条件クリアできたこと103.png



いや、もしかしたら、この一件で疲れがドッと出たから、

その後の記憶が曖昧になったのかもしれません...103.png



この時も、まだ一泊二日で退院する(させられる)とは

夢にも思っていなかったのですが、

傷口や後産の痛みよりも、

スパルタ授乳指導のプレッシャーがしんどいし、

パブメニュー的な病院食を食べるのがウンザリで、

段々と、退院したい心境になっていったのでした...119.png



こちら↓York Hospitalの病院食です↓
b0299665_07311807.jpg
左上:1日目夕食 / 右上:2日目朝食
右下:2日目昼食 /左下:2日目夕食




2日目のレポは、また次回〜078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-06-18 07:53 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)

出産回想録☆帝王切開分娩(39w1d)

だいぶ時間が掛かってしまいましたが、

予定帝王切開での出産レポをUPします〜!

Maternity Unit(産科病棟)の予約時間は、

なんと、朝7時半〜153.png早い〜


前日の晩はなかなか寝付けず、

朝も5時半頃目覚めたので、二度寝はせずに、

おにぎりやフルーツを持参する支度をし、

前日の問診で処方されたお薬を服用。

ミスターとタクシーで病院へ。



受付を済ませると、前日とは違い、

産後病棟の大部屋へ通されました。


私を含め、同日に3人の帝王切開が予定されているそうで、

私が到着した後、続々と2名の妊婦さんが入室してきました。



York Hospitalの産科病棟の

病室(大部屋)は、こんな感じ↓↓でした〜109.png
b0299665_22265472.jpg



しばらく待つと、Midwife(助産師)さんがやってきて、

オペ用のガウンと着圧ソックスを持ってきて、

着替える様に言われました。

付き添いのミスターも青のオペ着に着替えをしました。
b0299665_22271764.jpg



そして、「一体、誰からオペするんだろうね?」147.png

っと、ミスターと小一時間位おしゃべりをして

時間を潰していたら、

なんと!150.png私からスタートらしく、

ついに名前を呼ばれてしまいました〜144.pngひ〜



Midwife(助産師)さんに導かれ、オペ室に入室。

まずは続きの間になっている、処置室で処置するとのこと。



沢山のスタッフさんが、次々挨拶をしてくる中、

前日の問診で顔を合わせた、麻酔科の女医さんが!

「おはよう〜174.png気分はどう?何も心配要らないからね166.png

っと、心強い笑顔で言われたので、怖さもありましたが、

冷静にオペに向き合おうという気持ちが出てきました。



反対に、もともと流血とか受付ないミスターは、

私が、麻酔科医にされるがままに、

左手の甲に点滴を打たれている最中から、

顔色が悪くなっていき...140.png

いよいよ、背中に麻酔を入れられると、

足元がふらつき始めてしまった様子...148.png



処置室の診察台で、私の真横に座っていたミスターは、

私がどんな処置をされているのか、丸見えだったので、

丸見えのままオペが始まるのかと勘違いしてしまい、

気を失い掛けてしまったそう...149.png

オブザーバーの医師に介抱され、

少し席を外すことになりました。



そして私は、ミスター大丈夫かなぁ?119.png

なんて思っているうちに、下半身の感覚が麻痺してきて、

麻酔が効いているかどうかのチェックを何度も受けました。

その際、剃毛も受けました。



処置が終わり、処置室横のオペ室へ移動。

ミスターの付き添い無しで一人で受けるの!?149.png

っと不安になりましたが、

私の下半身は布で覆われて見えなくなり、

それを確認したミスターも、すぐに復活してくれて、

私の横に付き添ってくれました107.png



私のオペ担当ドクターは、女医さんお二人でした。

それに、他のオペ担当スタッフさん達も、

オブザーバーの医師一人だけが男性という、最強女子軍団166.pngで、

オペの最中、私とミスターの緊張を解きほぐす様に、

日本や日本語について皆で声掛けしてくれて、

本当に、心強かったです107.png107.png107.png


それに、麻酔科医のコントロールのおかげで、

恐怖だった、低血圧や具合悪くなったりもせず、

オペは、順調に進んでいる様でした164.png



そんなこんなで5分位経った頃から、

何だか、お腹がワシャワシャ(?)し始め、

何だかわからないけど、色々施されている感覚に...


さらに、5分以上経った頃、オブザーバーの医師に、

「Babyが見えてきたよ!もうすぐだからね!」っと言われ、

えっ!?本当に〜!?150.png

っと、ドキドキしだした瞬間、

「んぎゃーーーー!!」っと、声高の泣き声が!



わー!!本当に私達の赤ちゃんが産まれたの?!

っと、変な感覚になると、

オブザーバーの医師が、ジュニアを抱いて

私達の横を通り過ぎました。



あ〜!!この子が私達の赤ちゃん〜113.png113.png113.png

っと思った瞬間、色々な気持ちが駆け巡り、

特に、天国の母への想いが込み上げてきて、

涙が止めどなく溢れてきました145.png145.png145.png



そして、ジュニアは、オブザーバーの医師によって、

ビタミンK投与などの処置を受け、

私も、子宮縫合など後産の処置を受けました。

その間も、ジュニアの泣き声が、オペ室にこだまし、

元気な泣き声に、スタッフの皆さんも笑顔で一杯に110.png


ジュニアの処置が先に終わり、

オブザーバーの医師が、

「ほ〜ら、mammyだよ〜109.png

っと、ジュニアを私の胸に...



無事に私達のもとに産まれてきてくれてありがとう113.png

っという、感謝&安堵の気持ちと、

やっぱり、この瞬間を母に見せたかったな〜134.png

っという想いが入り混じって、

またまた、感極まって、涙腺崩壊〜145.png145.png145.png




私の処置が終わり、オブザーバーの医師から、

「子宮筋腫のオペの傷と併合して処置しておいたから、

傷跡は、1本になったからね109.png

っと、説明がありました。



恐怖でしかなかった帝王切開でしたが、

オペ担当スタッフ皆さんのプロの仕事のお陰で、

無事にジュニアをこの胸に抱く事ができました145.png

気持ちが一杯で、言葉が出てこなかったので、

ミスターに、スタッフの皆さんに感謝の意を伝えてもらいました。




オペの全行程が終わり、病室のベッドに移された私は、

ジュニアを抱いたまま、産後病棟の病室へ移動となりました。

*エゲレスでは、産後すぐに母子同室となります。



そして、麻酔が効いてようが、尿管入ってようがお構いなしに、

悪夢でしかない、スパルタ産後ケアが始まったのでした〜103.png103.png103.png




次回、術後レポに続く〜078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-06-05 05:51 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(4)

妊娠回想録☆予定帝王切開分娩前検査(39w0d)

ジュニアが誕生して、早2週間〜150.png

時間が経つのが、とても早く感じられます。


ミスターのパタニティ・リーブ(Paternity Leave)が終了し、

いよいよ今日から、平日昼間は、

ジュニアと私だけの時間が始まりました。


産前、義母が「手伝いたい」っと、申し出てくれたのですが、

義母は車の免許を持っていないので、我が家に来るとなると、

必ず義父の送迎が必要となるため、気軽には来れず、

実際のところは、退院時と最初の週末の2回だけでした。


しかも、特に何するわけでもなく、

義父共々、ジュニアにメロメロ113.png状態で2,3時間滞在し、

満足気に帰っていったっという...105.png


まっ、そんなことだろうとは思っていたんですけどね...104.png



世の中には、里帰りなし&両家両親の手助けなしに、

ご夫婦で育児に奮闘しているカップルがごまんといるので、

私達も、日々、眠気と戦いながら(笑)頑張らねば166.png166.png166.png

b0299665_22583595.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さて、出産レポまとめにだいぶ時間が掛かっているのですが、

分娩予定日前日、York teaching Hospitalで受けた、

分娩前検査についての回想録をUPします。


Maternity Unit(産科病棟)の予約時間は、13:45でした。

受付を済ませると、産前病棟の大部屋へ通されました。

私の他に、2名の妊婦さんが待機していました。



30分ほど待たされてしまいましたが、

Midwife(助産師)さんがやってきて、

問診&検査の流れについて説明を受けました。



次に、麻酔科医の女医さんがやってきて、

帝王切開オペについての説明を受けた後、

アレルギーの有無や質問を聞かれたので、

低血圧への不安について相談しました。


女医さんは、

「モニタリングをしてコントロールするから、

何も心配要らないわ!私に任せて166.png

っと、とっても自信たっぷりに話すので、

この女医さんにお任せしたら、大丈夫なのかも?

っと、不安が少し消えました140.png



その後、またしばらく待たされた後に、

産科のドクターがようやくやってきて、

帝王切開オペについての説明を受け、

いよいよ、同意書にサインしました。


「サインしたからには、もう後には引けない。

何かあったら、私のせいじゃなくて病院の責任だ108.png

っと思うことにしたら、覚悟が決まった感じがしました105.png



そして、Midwifeさんが再びやってきて、

夕食後と、当日の朝服用するお薬を処方され、
b0299665_22214161.jpg
・ラニチジン(Ranitidine)・メトクロプラミド(Metoclopramide)


血圧&体重測定を受けて、産科病棟での問診は終了。

この後、採血セクションへ移動し、

採血を受けてから帰路に着く様に言われました。



念の為、持参する持ち物について確認してみると、

「産後の回復次第で、人によるけど、

とりあえず、48時間滞在に必要な物を持ってきてね109.png

っと言われました。


えっ、48時間!?147.png

それって、自然分娩の方の場合じゃなかったっけ!?

っと、思いつつ、

「必要な物は、俺が家に取りに帰るから、

もう一回、荷物まとめ直そうか?」

っと、ミスターにも言われたので、

採血を受けて自宅に戻ってから、

荷物をまとめ直しました。→後日リスト訂正します



この時は、まさか1泊2日退院となるなんて、

「局所麻酔=低血圧」への恐怖しか頭になかった私には、

全く想像だにしなかったのでありました...103.png103.png103.png




出産レポへ、続く〜078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-05-30 22:22 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

ご報告☆無事に出産しました

イギリス時間の、5月17日(水)午前9時19分、

予定通り、帝王切開分娩にて、

3590gの元気な男の子を無事に出産しました!!



まさかの一泊二日で退院し(させられ)たので149.png

オペの傷口と、子宮収縮(後陣痛)の痛みのダブルパンチの中、

いきなりスタートした慣れない育児に、

ミスターと絶賛、悪戦苦闘中です〜103.png103.png



次回ブログの更新出来るのが

いつになるかわかりませんが、

落ち着いたら、エゲレスのスパルタ産後ケアレポを

UPしたいと思っています。

b0299665_02392979.jpg


取り急ぎ、ご報告まで〜078.gif
Talk to you later!


↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-05-21 04:03 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(14)

出産入院準備☆ホスピタルバッグ(入院バッグ)

亀ペースだった、私の出産入院準備105.png

あとは、前日の夜&当日朝に

軽食を支度するだけとなりました。




私は、今年の1月下旬〜2月上旬に、


ベビー肌着を中心に、細かなアイテムの殆どを、

日本で調達(購入/譲受/ギフト)しました。


あとは、姉に緊急EMS救援物資(笑)を送って貰ったり、

エゲレス現地のマタニティ&育児ショップ大手Mothercareや、

Amazon.uk、スーパー、ドラッグストア等で調達しました。




エゲレスのNHS医療では、エリアによって結構違いがあり、

私がお世話になっているYork HospitalのMidwifeグループでは、

分娩入院時の持ち物リストは作成していないため、

自分なりに、日英両方で検索し、リストUPしました。

以下、私が参考にしたサイトをご紹介します109.png



参考リスト(日本)



参考リストを元に、実際に私が準備した

ホスピタルバッグ(入院バッグ)の中身をご紹介します110.png



自分の物
  • NHSのPregnancy Notes(妊娠手帳)→ブログ記事
  • NHSのMaternity Exemption Certificate Card→ブログ記事
  • 手帳・筆記用具
  • 安産祈願お守り

  • カーディガン
  • 授乳ブラ(従弟夫婦からのプレゼント)
  • 授乳口付きキャミ(アカチャンホンポ)
  • 母乳パット(楽天)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン P 母乳パッドフィット 126枚【02P29Jul16】
価格:953円(税込、送料別) (2017/4/30時点)



  • お産パット(楽天)

  • 防水シーツ(楽天)


  • スリッパ(キッチンで使っている底がゴム付きの物)
  • シャワー&身だしなみセット(帝王切開なので、入院中シャワー出来るか不明)
・OLIVA石鹸→ブログ記事
・ヘアトリートメント(地元の美容師さんからのプレゼント)
・ライチちゃん特製クリーム(デコルテ&脇用)
・ボディウォッシュタオル
・歯ブラシ&歯磨き粉
・フェイスワイプシート
・アルコールワイプシート(ウェットティッシュ)
・ティッシュBOX1箱
・ヘアブラシ&ヘアゴム
・サンダル

  • バスタオル(楽天)&ハンドタオル

  • 授乳クッション(ライチちゃんから譲受)
  • 軽食
・ウィンダーinゼリー(地元のイオン)
・インスタント味噌汁(tocoちゃんからのプレゼント)
・おにぎり(当日の朝準備予定)
・ペットボトルの水を数本
・ラズベリーリーフティ

  • 退院時の服
・授乳ワンピ(アカチャンホンポ)
・マタニティレギンス(無印良品)→ブログ記事
・靴下

  • その他
・デジカメ&充電器
・S字フック
・スーパーのゴミ袋
・扇子(暑さ対策)



ミスターの物
  • 軽食
・サンドウィッチ(当日朝準備予定)
・ゆで卵(当日朝準備予定)
・紅茶



ジュニアの物
  • ベビー服(コンビミニ/アカチャンホンポ/Sさんから/義両親から)
  • ウールのカーディガン&靴下(義母の手編み)→退院時着用予定
  • 靴下(NEXT York店)
  • ハット(義両親からのプレゼント)
  • ミトン(NEXT York店)
  • aden+anaisのモスリンおくるみ(ライチちゃんからのプレゼント)
  • ブランケット(ミスターの親友夫妻からのプレゼント)→ブログ記事
  • ガーゼ(楽天)


  • aden+anaisの大きめよだれ掛け(ライチちゃんから譲受)
  • ピジョンのベビー用爪切り(楽天)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン P新生児用つめきりハサミ
価格:707円(税込、送料別) (2017/4/30時点)





義母には、「ちょっと荷物多くない?」

って言われたのですが、

2泊3日で退院出来る気がしないんですもの〜119.png



なくて困った!っとならない様に、

念のため、前日の分娩前検査の時に、

Midwifeさんに再確認して、準備万端にしたいです166.png




それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログへ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-05-15 20:23 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(6)

予定帝王切開分娩まであと4日(38w4d)

分娩予定日(5/17)まであと4日。

夫婦二人での生活も、最後の週末になりました。



ミスターは、出産前の最後の買い出しと、

公開開始されたばかりの映画(何だっけ?笑)鑑賞のため、

午前中からお出掛けしてたので、

私は一人、リラックスタイムを満喫しました181.png




実は、この木金の2日間、

何ヶ月振りかの下痢から〜の、

激しい胃痛に度々襲われちゃいまして...143.png



1週間位前から、足の付け根が頻繁に痛む様になり、

頻尿も相まって、寝不足が続いていましたし、

お腹の張りの回数も増えましたし、

足もつりまくりだし、生理痛の様な腰痛も出てくるなど、

マイナートラブルの連続だったところにきて、

散々、便秘だったのにも関わらず、

急な下痢から〜の、胃の激痛〜143.png

ワタクシ、のたうち回ってしまいました149.png



これらのマイナートラブルの原因は、

どうやら、陣痛の前兆ということらしいです。


正産期(37週~)に入ったら、いつ産まれてきても

おかしくはないですものね105.png


ただ、私の場合は、それらしきことになったら、

即、病院へ直行→緊急帝王切開になってしまうので、

お腹の子には、

「分娩予定日までは、穏便にお願いします〜」

っと、声掛けしているんですが...105.png



バスケットボール並みのデルハラ(出る腹)なので、

動きが鈍い今日のこの頃ですけど、

変に刺激することない様に、

分娩日までなるべく安静に過ごしたいと思います。




それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-05-14 02:22 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

妊娠回想録☆Midwife(助産師)による妊婦健診8回目(37w6d)

今週初め、前回の健診から2週間空けて、

38週目に受ける、分娩前最後の健診を受診してきました。



前回の健診の時にも話がありましたが、

今までの担当のMidwifeさんが、

5月から別のGPクリニック担当に異動に...142.png

なので、今回診て頂いたMidwifeさんは、

新任の方でした。

新任のDebbieさんは、とってもフレンドリーで話しやすく、

私もミスターも、すぐに打ち解けることが出来ました110.png



まずは、いつもの検尿&血圧測定。

どちらも異常ありませんでした164.png



続いて、診察台へ...

子宮底長測定は37cmで、

「前回から一気に成長しているわね〜109.png」っと105.png

でも、NHSの標準ライン通りの成長だから、

何も心配することはないとのこと。



次に、お腹の子と骨盤の位置を触診して頂き、

だいぶ頭が下がってきているけど、

心音聴取も、相変わらず元気良かったので、

全く問題ないとのことでした165.png



一通りのチェックの後は、質問タイム〜168.png

服用している低容量アスピリンは、

分娩日当日の朝まで飲むべきかどうか?

ずっと気になっていたので聞いてみると、

NHSガイダンス的には、飲んだ方がいいけど、

分娩日前日(5/16)の検査の時に、

ドクターに再確認した方が確実と言われました。



私は過去、日本で腰の治療(ブロック療法)を

ペインクリニック(麻酔科)受けた際、

合併症で極度の血圧低下に陥った経験があり、

子宮筋腫の手術を受けた際にも、

そのことがトラウマになっていたため、

麻酔科医に相談して、局所麻酔は使いませんでした。

おかげで、術後は寒気&激痛との戦いでしたけどね...122.png

なので、今回の帝王切開での分娩で、

私が一番不安に思っていることは、

局所麻酔による、極度の低血圧症に陥ることです148.png



16日の検査の時、麻酔科医ともミーティングすると思うので、

ミスターが、充分理解してくれてはいるけど、

自分なりに英語で説明できるように、準備しなくては!




質問タイムが終わり、最後に、Midwifeさんから、

「まだ決まってはいないけど、もしかしたら、

牡丹の出産後の自宅ケア担当になるかもしれないから、

Babyに会うのを楽しみにしてるわ〜109.pngGood Luck165.png

っと言われ、健診が終了しました110.png




今回で、分娩前のMidwife健診が全て終わりました。

York HospitalのMidwifeグループの皆さん、

とてもフレンドリー&優しい人達ばかりで、

Midwifeさん達に対して嫌な思いをしたことは、

一度もありませんでした172.png



産後の自宅ケア、Debbieさんに来て頂いたら、

もう顔見知りだし、良いなぁ〜っとは思いますが、

どの方が担当でも、とても心強そうです110.png



分娩予定日(5/17)まで、一週間を切りました。

「妊婦さんあるある」のマイナートラブルが多い今日この頃ですが、

一日一日、無理をせずに、分娩日を迎えたいです。




それでは、また078.gif
Talk to you later!

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します113.png
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

[PR]
by mrspeony | 2017-05-11 18:29 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(2)

出産準備の三種の神器☆ベビーカー検討その2

出産準備の大物ベビー用品(三種の神器)

    のご紹介第3弾。

    悩みまくりのベビーカー検討編その2です174.png



    我が家事情から検討する、ベビーカー要件を考えてみました。

    • 私が腰椎ヘルニア持ちなので、なるべく軽量タイプがいい

    →赤子はどんどん重くなっていくのでね〜105.png


    • バス利用が多いので、折り畳みしやすいコンパクトタイプが便利

    →エゲレスのバスは、車内前方に

    ベビーカー&車椅子専用スペースがあり、

    2台まで折り畳まずに乗り上げることが出来ます。

    でも、3台目以降の時や、車椅子が優先されるので、

    その際に、即座に折り畳み出来ると便利。


    • 日本への一時帰国時に機内持込出来ると便利

    →別途2台目を購入の可能性も視野




    そんな我が家の希望要件を頭に入れつつ、

    John Lewis York店で現物チェック〜101.png


    ベビーカー担当の方にオススメされた機種は...


    新生児から使用出来るキャリーコット有(新生児〜25kg対応)
    Maxi-Cosiのチャイルドシート設置可能
    両対面
    折り畳んで自立
    ハイシート
    △機内持込は厳しそう→一時帰国時は2台目が必要







    新生児から使用出来るキャリーコット有(新生児〜25kg対応)
    Maxi-Cosiのチャイルドシート設置可能
    両対面
    ハイシート
    △折り畳んで自立しない
    △機内持込は厳しそう→一時帰国時は2台目が必要







    新生児から使用出来るキャリーコット有(新生児〜25kg対応)
    Maxi-Cosiのチャイルドシート設置可能
    両対面
    ハイシート
    △折り畳んで自立しない
    △機内持込は厳しそう→一時帰国時は2台目が必要







    新生児から使用出来るキャリーコット有(新生児〜15kg対応)
    Maxi-Cosiのチャイルドシート設置可能
    両対面
    折り畳んで自立
    ハイシート
    △機内持込は厳しそう→一時帰国時は2台目が必要






    っと、何れも、軽量?っとは思えないけれども、

    折り畳みし易く、タイヤは小さめのタイプをお勧めされました。

    何れもサスペンションが効いていて、押しやすかったです165.png


    York市内在住なら、最低でもこの位のタイヤの大きさ、

    頑丈さは必要だとお勧めされました168.png




    ついでに、ロンドン在住邦人ママさん達に人気の、

    Bugaboo Bee5説明をして頂きました。


    新生児から使用出来るキャリーコット有
    Maxi-Cosiのチャイルドシート設置可能
    両対面
    △折り畳んでも自立しない
    △ハイシートではない
    △機内持込は厳しそう→一時帰国時は2台目が必要


    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【bugaboo(バガブー)正規販売店】bugaboo bee5(バガブー ビー...
    価格:120636円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)






    セールスさんにお勧めされた機種の中では、

    UPPAbaby Cruzが、押しやすかったし、

    折り畳んで自立するのも良いなぁ〜164.pngっと、思ったけど、

    私的には、Bugaboo Bee5位のサイズ感が丁度良いんだけどなぁ〜



    店舗での展示はありませんでしたが、

    John Lewisカタログに掲載されていた、

    Bugaboo Bee5ちょっと形状が似ている、

    iCandy Raspberry/Weight6.6kgも良さそうだなぁ164.png

    っと言ったら、



    ベビーカー担当のセールスさんに、

    「ロンドンなど都会住まいだったら、すごく良いと思うけど、

    York市内で使うには、ちょっと華奢だと思うわ〜119.png

    っと言われてしまいました...105.pngえ〜!?そうなの〜!?



    セールスさんは、値段云々で、

    York市内在住の私達のライフスタイルに合わせて、

    真摯にアドバイスしてくださったのが、凄く伝わってきたので、

    本当にありがたく、めちゃ参考になったのですが、

    うーん、うーん...即決出来ない〜119.png



    ミスターも、種類があり過ぎて決め兼ねてる様子で、

    Paul Strideにも行ってみようか?

    あと、ネットで、もうちょっとリサーチした方がいいね...105.png

    っということになり、お店を出ました。



    John Lewis York店の近くに、Paul Strideという、

    個人経営のチャイルドケアショップがあるのですが、

    この後、Paul Strideに梯子した私達。


    更に迷走の道へと進むことになったのです...149.png




    次回に続く〜078.gif
    Talk to you later!

    ↓ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをお願い致します113.png
    にほんブログ村 マタニティーブログへ

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    [PR]
    by mrspeony | 2017-05-10 17:04 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)

    出産準備☆予定帝王切開に向けて(産褥ショーツ)

    前回、エゲレスでの予定帝王切開に向け、

    パジャマについて記事UPしましたが、

    今回ご紹介する、日本から調達したアイテムは...



    産褥ショーツ


    産褥ショーツは、クロッチ部分が開閉する作りになっていて、

    さらに、帝王切開用に至っては、全開出来るタイプで、


    看護師さんに産褥パットの取り替えケアをして頂ける

    日本の産院では、便利アイテムだと思います165.png



    でも、私がネットで調べた限りでは、

    エゲレスのNHS医療で産褥ケアを受けたという、

    在英邦人先輩ママさん達の情報は一切見つからず、

    産褥ショーツは、日本特有の商品であって、

    エゲレスで出産する私には、必要ないなっと...119.png



    エゲレスのマタニティ用品の大手、Mothercareでは、

    使い捨てショーツが売られていたり↓↓
    b0299665_05502520.jpeg




    Midwifeさんにも、

    「帝王切開の人は、とにかく大きいのを用意しておいて165.png

    っと、アドバイスを受けていた通り、

    帝王切開用は、股上深めのタイプが販売されています。
    b0299665_06094149.jpeg




    生理用ショーツで代用している方もいらっしゃいますが、

    手持ちの生理用ショーツは、股上が浅いので、

    傷口に当たって使い物にならないなっと...119.png



    なので、↑の股上深めのショーツを、

    Mothercareで購入しようと思っていたところ、


    ショーツも一緒に調達することにしました。



    ただ、産褥ショーツを購入する必要はないので、

    楽天で産褥ショーツの代用として高レビューだった、

    防水布が大きめの生理用ショーツをGETしました!


    20代&30代前半でしたら、デザイン&カラーなど

    大いに気にしてしまうでしょうけど、

    ワタクシ、40代のオバハン新米おかんですし、

    子宮筋腫の手術後は、股上深めのショーツしか

    受け付けられなくなったので、

    デザインよりも、機能性重視でございます〜104.png



    産褥パットが不要になってからも、

    生理用ショーツとして普通に使えるので、

    一石二鳥でちょうど良かったです165.png



    それにしても、日本の商品は、

    痒い所に手が届く物ばかりで、本当に素晴らしい!!

    もっと世界に向けて発信される事を強く願います〜110.png



    それでは、また〜078.gif
    Talk to you later!

    ↓ブログランキングに参加しています。
    応援クリックをお願い致します113.png
    にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    [PR]
    by mrspeony | 2017-05-09 05:36 | イギリス生活ー妊娠&出産ー | Comments(0)


    2015年3月よりイギリス田舎暮らしスタート☆家族・友人への生存報告ブログ 


    by mrspeony

    プロフィールを見る

    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30

    About this blog

    生粋の静岡県民
    Mrs Peonyこと,牡丹です

    2015年3月より
    イングランド北東部の古都、
    York郊外で
    財布の紐が固過ぎな
    200%エゲレス人夫と
    田舎暮らしをしています

    〜家族構成〜
    夫:Mr Peonyこと,ミスター
    妻:牡丹
    息子:Peony Jr.こと,ジュニア
    2017年5月17日誕生
    妊活ヒストリー
    Yorkでの妊娠→出産

    〜Peony家の年表〜
    出会い→UK移住→現在

    ****************
    2013年9月〜公開の当ブログですが、イギリス移住に伴い、実家暮らしの様子や過去のハンドメイド作品については、内容を訂正し、一部公開中
    ****************
    〜公開カテゴリ〜
    ご挨拶&お知らせ

    牡丹家のコト
     ├実家暮らし満喫♪
     ├一時帰国 2015年8月
     ├一時帰国 2016年2~6月
     ├一時帰国 2017年

    イギリス配偶者ビザ2014
    イギリス移住準備
     ├日本→UKへの日本車輸送
     ├ Peony家 in Oct 2013
     ├ Peony家 in June 2014

    Peony家のコト

    イギリス移住生活
     ├ 衣(和コーデ)
     ├ 食(うちめし)
      ├そとめし
      ├そと呑み
      ├甘&茶
     ├
     ├ 美・医
     ├ 妊・産
     ├
     ├
     ├

    * UK移住前の作品
     ├Cartonnage(カルトナージュ)
     ├アイロン台の張り替え
     ├Upholstery(アップホルスタリー)
     ├ベッドフレームの張り替え
     ├Floral Arrangements
     ├Basketry(蔓編み)
     ├Stained Glass(ステンドグラス)
     ├Chalk Art(チョークアート)
     ├Bingata dyed(紅型染)
     ├Other Handmade
     ├テーブルリメイク
     ├カラボリメイク
     ├イベント出展

    ****************


    タグ

    (95)
    (78)
    (60)
    (32)
    (31)
    (26)
    (23)
    (22)
    (19)
    (18)
    (17)
    (11)
    (8)
    (8)
    (7)
    (5)
    (5)
    (4)
    (3)
    (2)

    最新の記事

    日本で買っておいて良かった育..
    at 2017-06-26 02:01
    出産退院後のNHSの自宅ケアレポ
    at 2017-06-23 20:09
    産後入院回想録☆スパルタ産後..
    at 2017-06-21 20:09
    産後入院回想録☆スパルタ産後..
    at 2017-06-18 07:53
    出産回想録☆帝王切開分娩(3..
    at 2017-06-05 05:51
    妊娠回想録☆予定帝王切開分娩..
    at 2017-05-30 22:22
    0m6d☆イギリスでお七夜
    at 2017-05-26 08:38
    ご報告☆無事に出産しました
    at 2017-05-21 04:03
    出産入院準備☆ホスピタルバッ..
    at 2017-05-15 20:23
    予定帝王切開分娩まであと4日..
    at 2017-05-14 02:22

    記事ランキング

    以前の記事

    2017年 06月
    2017年 05月
    2017年 04月
    2017年 03月
    2017年 02月
    more...

    • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

    フォロー中のブログ

    弥生、スコットランドはエ...
    イギリスの食、イギリスの...
    Living room ...
    ハギスはお好き?
    T-pianoscape...
    英国サンクチュアリー
    プレママ&プレパパ日記
    Ninukitchen便り
    Geluk(フルック)
    ナースなロンドン ~Nu...
    ロンドン 2人暮らし
    エリオットゆかりの美味し...
    イギリス ウェールズの自...
    イギリスのLife Ac...
    Galettes and...
    目白・デコラシオン・ド・...
    おいしい*たのしいロンドン生活
    マンマミーア!@バーミンガム
    ロンドン三人暮らし
    ロンドンのティータイム
    ロンドン弁当
    晴れときどき菜園 -イギ...
    かご編み日和:都会生活と...
    Lina と いっしょに...
    ロンパラ!(LONDON...
    ロンドンで作る美味しいご...
    イギリス子育て日記
    イギリス 西ウェールズの...
    Chakomonkey ...
    山麓風景と編み物    
    London Scene
    国際結婚は勧めないっ!!!
    イギリスのマダム??
    おいしいは嬉しい
    micca's Room
    着物、ときどきチロ美&チ...
    Photos from ...
    働くママのカルトナージュ時間 
    ソウル滞在記
    chocottoのきもち
    キモノとリメイク
    ビーズ・フェルト刺繍作家...
    ロンドンの小さな台所。
    M's cafeのじかん...
    イギリスからおもてなし ...
    現在ブログの引っ越し準備...
    ロンドンの食卓
    着物が好きになりました。
    イギリスに住んでるおばは...
    息子とカメラとどこ行こう!

    外部リンク

    ブログジャンル

    海外生活
    子育て

    UK在住ブロガー様Link

    An odd fish and me
    みざる いわざる きかざる
    Chuckom Blog
    日本岐阜発、英国ヨークシャー行き
    It's a cupcake not a toadstool !
    イギリス生活ビュッフェ

    静岡 Link

    M's Cafe FB
    B-Marketと楽しい生活
    Skywalker Bakery&Cafe
    整理収納 源馬先生

    My Teachers Link

    〜Cartonnage〜
    Atelier Akico
    Atelier Living Room Cafe
    Atelier Plage
    Atelier Primo

    〜茶箱リメイク〜
    Décoration de Fleur

    〜Chalk Art〜
    Monique Cannon
    Lisa Pollock

    〜Stained Glass〜
    ステンドグラス工房TOM CAT

    〜Vine Crafts(蔓編み)〜
    BABA.mama

    〜Sewing〜
    あとりえ tete

    〜Floral Arrangements〜
    オ-トクチュ-ルメティエ-ル協会
    Artbriller
    Décoration de Fleur
    お稽古花サロンVerde
    baby leaf

    〜紅型染〜
    コジーサ